外壁のペイントの相場を簡単に知る方法

外壁のペイントの相場を簡単に知る方法

外壁 ペイント

外壁 ペイント会社

外壁 ペイント業者

外壁 塗装

外壁 ペイント 費用

 

家のメンテナンス、そろそろ気になっていませんか?

 

家は買っておしまいではなく、メンテナンスをすることによって財産になるかどうかが決まります。
お子さんに残してあげたい、そのうち売ってマンションに引越ししたななどのプランがあるなら、メンテナンスは欠かせません。

 

家のメンテナンスで有名なのは屋根や外壁の塗装(ペイント)です。
外壁塗装は10年おきにやるのが望ましいとされていますが、まとまったお金が必要となるので腰が重いのも事実です。
しかし、見て見ぬふりをすると建物の内部にまで雨漏りして基礎を腐らせたりします。
屋根や外壁塗装の本当の目的は、色を塗り替えて見た目をきれいにすることではなく、ヒビやコーキング剤の補修なのです。

 

これを怠ると、もっと多額のお金が必要となりますので少しずつ準備しておきましょう。
まずは見積もりを取ることをオススメします。

 

見積もりは1か所だけでなく、複数のところから取りましょう。
しかし沢山ある塗装会社の中から、優良な塗装会社を複数選んで見積もりを依頼するというのはなかなか骨が折れる作業だと思いませんか?

 

そこでオススメなのが、屋根・外壁塗装の優良会社紹介サイトです。

 

こちらで紹介されるペイント会社は、厳しい基準をクリアしたところだけですので、実績の少ない悪徳会社は参加できません。
まずは、実際にかかる費用の相場を知ることから始めてみませんか?

 

外壁 ペイント 相場

 

 

外壁塗装の期間

 

外壁塗装期間

 

外壁塗装にいろいろな作業内容があるため、作業が終了するまでの期間がかかります。
作業内容が多いうえに塗料を塗るごとに乾燥させなければならずそれを3回行う結果、2週間くらいかかることもあるのです。

 

@足場を組み立てる
A高圧洗浄で壁の汚れを落とす
B下地(ヒビや割れなど)の処理と調整
C養生(色を塗らない部分の保護のこと)をする
D下塗り
E中塗り
F上塗り
G仕上がりの最終確認を行う
H足場の解体と清掃

 

外壁塗装は家の広さや外壁の傷み具合もそれぞれ異なります。
家が大きければ大きいほど作業にかかる日数は長くなりますし、外壁の傷みがひどい場合も日数がかかります。
天気が悪い日が続くと作業できず塗料の乾きも悪いので、その分期間が長くなります。

 

梅雨や台風の時期はなかなか作業が進展しない場合もあります。
ですから「外壁塗装の日数は〇日です!」とははっきり断言することができないのです。

 

 

外壁塗装の塗料

 

外壁塗装塗料

 

外壁塗装に使われる塗料にはいくつか種類があります。
アクリル系・ウレタン系・シリコン系・ラジカル・フッ素系・光触媒の塗料など沢山の種類があります。
こんなにたくさんあると、どうやって選べばいいのか迷いますね。

 

塗料の値段と耐久性には関係があり、値段が安い塗料は耐久性が低く値段の高い塗料は耐久性が高いのです。

 

耐久性の低い塗料は数年で剥がれてしまうので、次の外壁塗装までの期間が短くなるのです。
価格の安さだけで塗料を選ぶのはオススメできません。

 

ちなみに一番人気の塗料はシリコン系です。
耐久性に優れ色も豊富、値段も手ごろなのでよく使われている塗料です。

 

だた最近は、2015年に発売されたばかりのラジカル塗料の人気が急上昇中です。
ラジカル塗料は家を傷めるラジカルを抑制するため耐久性がアップしたのに、シリコン系塗料と同じくらいの値段だからです。
他にも自分で汚れを浮かせて雨で洗い流す機能を持つ光触媒塗料などは、とても良いのですがやはり費用が高額になります。

 

塗料については塗装業者としっかり話し合って、種類や色を決めましょう。
このあと10年以上付き合う色ですから、しっかり確認しましょう。